賃貸管理は専門会社に依頼すると楽に運営できる

マネー
  1. ホーム
  2. 収益物件管理の委託とは

収益物件管理の委託とは

積み木

不動産投資のために収益物件を所有する場合、賃貸管理と所有は別々というのが一般的です。その場合、賃貸管理は賃貸管理専門の会社に委託します。賃貸管理会社の管理方法やサービス内容は多岐に渡ります。そのサービスの一つとして、賃貸管理会社はオーナーの代わりに入居者の斡旋をしてくれます。インターネット広告や他の不動産仲介業者を通じて入居者を募り、複数の入居希望者がいる場合は、職業や収入などの属性などを基に選定を行ないます。そして入居が決まれば、賃貸借契約を締結します。また、家賃の回収も主要なサービスの一つです。家賃が問題なく回収できていれば、入金される家賃をオーナーに振り込んだりします。残高不足などで引き落としができない場合や滞納する場合は回収にあたります。さらに入居者の契約更新や退室する場合の管理もサービスとなっています。退室する場合は退出のための手続きを行ない、部屋の清掃や原状回復の手配をして、敷金の精算も合わせて行ないます。その他にも入居者間のトラブルや近隣トラブルの対応も行なってくれます。賃貸物件の管理では、騒音などが原因で隣の入居者同志や上下階の入居者同志がトラブルになる場合やゴミの出し方などを原因とする近所とのトラブルも時として発生します。そのような時に解決するのが、賃貸管理会社の仕事になっています。トラブル以外にもエレベーターや入口のオートロックの不具合といった設備機器関連のトラブル対応も行なってくれます。同時に定期清掃や定期点検、さらに大規模修繕の提案や修繕業者への発注と対応もサービス内容となっています。このように不動産賃貸管理会社のサービスはオーナー自らがすべて行なうにはとても負担が大きいものばかりです。特に収益物件を複数所有していたり、物件数を増やしていきたいオーナーの場合は、このような会社のサービスを利用することは必須といえます。