賃貸管理は専門会社に依頼すると楽に運営できる

男性
レディ

賃貸経営と専門業者選び

賃貸管理は様々な業務がつきもので、自分一人では難しいものです。信頼のおける賃貸管理会社と契約するといいでしょう。最近は家賃の安定収入のために、家賃保証や一括借り上げなどを提示してくる会社もあります。ただし場合によっては、家賃の見直しということもありますので、その点を考えてから決めるようにしましょう。

積み木

収益物件管理の委託とは

収益物件を所有している場合、賃貸管理会社のサービスを利用することが一般的です。そのサービス内容は入居者募集や家賃回収、トラブル対応、定期点検や修繕まで非常に多岐に渡ります。オーナーの代わりにこれらの業務をすべて行なってくれるのが賃貸管理会社のサービスです。

管理委託をする場合

ウーマン

所有している不動産を第三者に賃貸に出していたり、遠方で管理が困難な場合、賃貸管理会社に委託することが多いです。賃貸管理会社は委託を受けた不動産の管理を行い、賃貸物件として管理する場合は家賃の入金から不動産オーナーへの送金、共用部分の清掃や定期点検などを行います。純粋な不動産管理の場合、定期的に物件を清掃を中心に不動産管理を行います。定期的な清掃を行うことで、不動産の自然磨耗を防ぐ効果もあります。所有不動産を自分で管理することが困難になりそうな場合は、賃貸管理会社に委託することをオススメします。賃貸管理会社は、いくつもありますので、管理手数料などのコストの見積の比較検討をする必要があります。数社に見積依頼して、コストや委託するサービスができるできないなどを検討して、委託する流れが一般的です。例えば、賃貸物件を管理委託する場合は、家賃の管理や送金、入居者からの問い合わせ対応、共用部分の清掃や定期点検などを請け負うことが多く、管理の行き届きが素晴らしいところに委託するのが望ましいです。賃貸物件の管理委託を変更することも少なからずあります。賃貸管理会社も管理手数料が収入源となりますので、不動産管理には細心の注意や業務を行っています。委託する前に、分からない点やどういった管理をされるのかは、問い合わせすることも重要です。十分に検討して所有不動産を信頼のおける、賃貸管理会社へ委託することがポイントです。

貯金箱

不動産管理のパートナー

家賃収入はほしいけれど、入居者とのトラブルやや物件の管理は少し面倒、手間がかかる…と考える人の強い味方が賃貸管理会社です。入居者募集や物件のメンテナンス、家賃の回収、空室の際の家賃保証など様々なサービスを行っています。